• 患者様の声
  • 院長ブログ

赤松接骨院

愛知県名古屋市天白区
野並3丁目405
AMBER HOUSE 1F

■診療時間
【月~金】
 午前 9:00~12:00
 午後 3:00~9:00
【土】
 午前 9:00~12:00

■休診日
日曜日・祝日・土曜の午後

052-891-7181

アクセス

HOME > 院長ブログ > 7ページ目

院長ブログ 7ページ目

足関節捻挫が治らない?

39歳 女性
 
 過去に何度も捻挫をし
、時々痛む時があり、完治しないと思っていたそうです。 
今回、階段を下りる際に捻じり負傷。 腫れもほとんどないため放置していた。
1ヶ月以上経つも まだ、長時間の歩行、立位、動き始め、運動するといつもより痛みが強いと。

関節周囲に圧痛はなく、腫れもなし、ややむくんだ感じ。 長、短腓骨筋部に圧痛あり索状硬結
( しこり )
あり、これをほぐす様に施術。 5回行い症状はなくなった。

これも放置期間が長いと治るのに時間がかかる。

腓骨筋.png

21歳 女性
 この方も、高校生の頃、ひどい捻挫をし松葉杖を着いた経験あり。 以後 時々痛みはあった。

今回、ダッシュを何本も行い痛みが出現、強くなってきた。 長、短腓骨筋部に圧痛索状硬結
( しこり )
あり、これを施術し痛みは消失した。

二人とも、以前の捻挫で筋硬結ができ、そのままになっていたと思われます。
そこに外力が加わり、また痛みが強くなってきた。

よく捻挫後なかなか痛みが引かない、完治しないと言う話を耳にするが、ほとんどは、腓骨筋の
しわざ、たまにヒラメ筋。  軟骨だの、靭帯が治りきっていないだの、生理学的根拠にかける。

すぐ 「レントゲン、MRI検査をしないとダメ」と言われる方や、「痛ければ固定、安静」と
言われる方も居られますが、何が痛みを出しているか解らないとそうなります。

腓骨筋の硬結があると、すぐ捻挫しそうな感覚が残るし、固有感覚機能が鈍り捻挫しやすくなる。
これが、「 くせ 」になると言われる原因でしょう。

すべての筋骨格痛と外傷の治療は、感覚運動系、筋機能の失調に重きを置くべきだと思います。

痛みなく日常生活、スポーツが出来る事が一番だと考えます。



四十肩、五十肩、六十肩

62才 女性
ジャガイモを沢山、切ってより徐々に痛み出した。そのうち治ると思っていたが、よくならず整形外科へ、
六十肩と言われ。1ヶ月程通院したが、よくならず、当院へ。
手を挙げたり、後ろに回したりできず、痛くて、さっと動かせない。

圧痛部を探すと、大胸筋部にあり、アキュ、マイオを使い施術、1ヶ月程で、なんでも出来、痛まなくなった。
           大胸筋2.jpg
46才 女性
バレーボールの練習で、普段やらないアタックを何本も打ち徐々に疼痛出現
3日間様子を見ていたが、痛くて手が挙がらないし、車の運転も出来ず、洗濯物も干せないと。
 
知人に四十肩じゃないのと言われたそうです。 大胸筋に圧痛あり施術。 1週間で症状はなくなった。

四十肩、五十肩と、肩周辺が痛むと、ほとんどこんな事を言われる。
ではいったい何が原因なのか?  何が痛みの発信源なのか?

答えは、あいまいな事を言われて、ごまかされる事がほとんどだと思いますが・・・医師や治療に携わる者がそれでは困りものです。

腱板断裂が原因と言われることもあるが、「無症状の肩においても、50歳台では4人に1人、65歳以上ではほぽ半数と高頻度にいわゆる変性断裂が存在する」と言うデータもあります。

首や肩の症状には胸部の筋の影響が大きいですが、治療は軽視されています。
腕や肘、手の方まで痛みや、シビレを放散することもあります。大胸筋が緊張すると肩が前に引っ張られ、背中が丸くなり、よく言う猫背となります。


 

 







半月板断裂 だから・・・・?

50歳 男性

仕事でしゃがむ動作が多く、立ち上がる時に以前より時々痛みがあった。
今回、立ち上がった際に、ズキッと痛みが走り、普通に歩けなくなり病院を受診。

MRIの結果、「内側半月板断裂、半月板が ばらばら 、手術しか治らないと診断された」
仕事は休めないし、手術もしたくないと当院来院

膝は腫れ、熱感なく、可動域制限もなし、大腿内側広筋、大腿直筋、大腿二頭筋、腓腹筋内、外側頭に圧痛あり
これらの筋をアキュ、マイオを使い、ゆるめるように施術

内側広筋.jpg膝 2.png

ハムストリング2.png
はじめの1週間は、毎日。 その後週2回の施術を継続した。
仕事、しゃがみ込みをしながらのため、少々時間はかかったが、3か月ほどで症状はなくなった。

半月板には痛みを感知する神経はほとんどない。
断裂してても、日常生活に支障は出ない、スポーツもできる。

手術しても、よくなっていない方がたくさんいる。 なのに、手術しか治らないとは、乱暴な説明です。
半月板の断裂は、確かに元には戻らない。 手術しても戻らない。

でも、半月板が痛みの原因ではないですから、どんな形の断裂でも痛みは取れます。
筋肉が痛みを出しているのです。



頭痛、めまい、はきけ

47歳 女性
 左目の奥がじわじわ痛みだし、偏頭痛と、吐き気も少々あると。
 ゆっくり休めば治るだろうと、会社を休んだが、頭痛は治まらず。

 内科受診するも、「 疲れでしょう 」と言われた。
 胸鎖乳突筋をゆるめるよう施術、その場で頭痛、吐き気はなくなった。
   頭痛.png
50歳 女性
 細かい作業を長時間行い、頭痛とめまいも出現
 耳鼻科受診するも異常なし、1週間我慢するも頭痛は治まらず、来院。

 この方も胸鎖乳突筋に強い圧痛あり、ゆるめるように施術
 その場で頭痛、めまいはなくなった。
 
51歳 女性
 耳鳴りが出現、その後、めまいも出現
 時々ふわっと倒れそうになるし、立体駐車場をくるくる上っても、下りても気持ち悪くなると。

 耳鼻科、内科受診、漢方薬を飲むもあまり変わらず。
 この方も胸鎖乳突筋。 耳鳴りは咬筋の施術で無くなった。

3人とも、当院へ来た事のある方達です。
はじめから、頭痛で、接骨院へ行こうなんて思う人はあまりいないと思いますが、

脳、耳鼻科で異常がなければ、ほぼ胸鎖乳突筋の筋硬結(しこり)首の筋肉が原因です。
小、中学生でも、起こります。

こういう頭痛は痛みどめではなかなか治まらないようです。




足のしびれ、痛み

36歳 女性
長時間の座位、立位でお尻から膝辺りまでジンジンしびれるような痛みが続いていると。
圧痛部位を探っていくと、やはり小殿筋にあり、この筋肉にマイオパルスを通電しながらストレッチ

筋肉をほぐす様に施術、3回目にはしびれる様な痛みはなくなり、5回目には違和感もなくなった。


      小殿筋1.png

いつも座っている人は小臀筋にトリガーポイントを作る危険性があり、痛みを下肢に発生させる。
坐骨神経痛という診断は下肢に痛みがある人に付けられるが、それは坐骨神経とは無関係の事が
ほとんど。

神経を圧迫するから痛むと説明されるが、神経を圧迫しても痛みは出ない。
神経を、締め付けて起こるのは、痛みではなく麻痺。 電気信号が、流れない状態。

手術で、ヘルニアを切っても、症状が改善しない例もある、健常者のへルニア持ちもいれば、
痛みがあってもヘルニアがないこともある。

『椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で神経が圧迫され、腰が痛む、足が痛む』という
説明はおかしいし、矛盾だらけ。 背骨の歪みが原因とかは論外。基礎医学、生理学を無視してる。


原因は筋肉のけいれんです。 持続性、反復性の外力によるものです。


臨床医のための痛みのメカニズム』より 横田敏勝(滋賀医科大名誉教授)

 
『神経痛一般の発現機序』
痛覚線維の生理的興奮は、その末梢の自由終末にある痛覚受容器(侵害受容器)が
刺激されたときにみられる。
自由終末と脊髄を継ぐ部分からインパルスが発生することはめったにない。

痛覚受容器を介さずに神経線維からインパルスが発生することを異所性興奮という。
異所性興奮を生じる可能性が高いのは、脱髄部および傷害された末梢神経の側芽と神経腫である

『神経根痛』
脊髄後根を圧迫すると神経根痛がでて、圧迫された後根の支配領域に痛みが走るとみられている。
しかし、この考えは特別な場合にしか通用しない。
脱髄線維を含む脊髄後根への機械刺激は神経根痛を誘発するが、正常な脊髄神経根の圧迫は
痛みを生じない


実験動物の正常な脊髄後根を圧迫しても、痛みを伝える侵害受容線維を含めた求心性線維の
持続的発射活動は誘発されない。
しかし、あらかじめ傷害しておいた脊髄後根を機械刺激すると、持続的なスパイク発射が誘発
される。


バルーンカテーテルを使って正常人の脊髄神経根を圧迫すると、錯感覚と感覚鈍麻が誘発されるが痛みは
出ない。

正常な脊髄後根を牽引しても痛まない
傷害歴のある脊髄神経根を鑷子で圧迫したり、縫合糸をかけて牽引したりすると、特徴的な
神経根痛が走る。



神経生理学の先生は、神経を圧迫、牽引しても痛みはないと言っている。
特異的な神経痛と思われたときは、神経腫とか神経の傷害、脱髄を考えるべき。



 

TFCC損傷だから痛いの?

受傷時、靭帯の損傷なら皮下出血、腫れが出るだろうし、TFC( 関節円板 ) 軟骨は血管、神経は
ない 
そのため、痛みの発信源にはならない。受傷時、「ピリッと」した時( 一次痛 )に
軟骨が断裂したことは考えられるが、その後は、( 二次痛 )筋肉の痛みが継続する。

筋肉が痛みの原因だから、無理しなければ、ほっといてもよくなる患者さんもいる。
(適度に動かしていれば)

もし、軟骨断裂が痛みの発信源なら何をしても治らない。靭帯損傷なら固定で良いが、腫れも、
皮下出血もない靭帯損傷なんてない。  腫れ、皮下出血があれば別だが。

靭帯は、酷使していれば、自然に切れたりする事はある(その時、痛みは一瞬だけだろう)。
切れてても日常生活、趣味のスポーツ位なら痛みなく、問題なく出来る。

それを「靭帯が損傷してる、軟骨が割れてる」と固定しても、意味がない、何ヶ月固定しても修復しない。
おそらく、無症状の方でも、MRI検査すれば、TFCCが切れてたり、何らかの変性はあるはず。

人は、過去の経験で物事を判断するため、筋肉が痛みの原因だと言われても、なかなかピンと
こないし、信じがたいかもしれませんが...痛いのは筋肉のスパズム(痙攣)です。

手術で良くなったと言われる方もいますが、麻酔で痛みの伝達経路がリセットされた、もしくは
プラセボ効果、使っているとまた痛くなる。 

「尺骨の突き上げ」と言うのもおかしな話。 痛めると尺骨が伸びるのか?

痛める前からその長さ、形です。 TFCC部だけをあれこれしても痛みは取れない。
椎間板や半月板、関節軟骨損傷の画像と痛みは直結しないと言う論文は多数ある。
TFCCも同じこと。  TFCCが断裂してるから痛いわけではない。

構造と痛みは別問題


24才 女性

テニスをしている際にピリッと痛み、徐々に痛みは強くなっていった。
仕事で、よく手を使うため痛みはひどくなり、安静時でもズキズキ痛みだしたため病院受診。

MRIの結果、TFCC損傷と診断され、固定と投薬。
安静にしてれば痛みはないが、物を持ったり、力を入れると痛み、仕事にならないと知人に紹介され当院来院。


尺側手根屈筋.jpg

手関節尺側部に腫れ、熱感なし、受傷時も特に腫れはなかったと。
尺側手根屈筋部に圧痛あり、マイオパルスを通電しながらストレッチ、アキュスコープで筋肉をほぐす様に施術。

7回行い、痛みは完全になくなり、手を着いても、捻じっても大丈夫になった。



40才 男性

仕事で、重量物を何度も移動させ負傷
テーピング、サポーターでがちがちに固定し仕事をしていたが、限界になり

病院受診、MRIにてTFCC損傷と診断され、安静と固定
これでは仕事にならず、病院では「らちがあかない」と当院へ
 
仕事で、酷使しながらの施術だったが、約2か月ほどでほぼ痛みはなくなった。


尺側手根屈筋の索状硬結(しこり),圧痛部をほぐす、施術してやれば、痛みは無くなる。

ゴルフ、バスケ、テニス、なんでもできる。   

 
 


有痛性外脛骨だから痛いの?

 有痛性外脛骨、外脛骨障害と言われるが、外脛骨が痛みを出しているわけではないんです。
だから、足底板、テーピング、消炎鎮痛剤、低周波など、外脛骨の部分だけを治療しても
痛みが取れない、完治しないんです。
 
何が、痛みの発信源なのか、よく考えないといけない。
外脛骨の部分をあれこれやってても治らない。

( 症例 緑区在住 13歳  陸上部 )
 
 外脛骨の痛みに悩まされ、ドクターショッピング。
いろいろ試したが、痛みは軽減するが、また再発の繰り返しと。

外脛骨部に圧痛あり、熱感なし、腫れは若干あり
下腿部のヒラメ筋の内側、後脛骨筋部に圧痛著明、筋肉内にピーンとロープが張った感じの索状硬結
触れる。

マイオパルスを通電しながらストレッチ、アキュスコープ&手技にて索状硬結部をほぐす様に
施術した。 3回目には日常生活ではほとんど痛まなくなったが、走ると痛い。

10回程施術、長、短距離も痛まなくなり、外脛骨部を押さえても痛くない。 
やはり痛みは、筋肉のしわざ。  「筋肉のしこり」をほぐしてやることが一番大事。


    後脛骨筋1.png

約半年後、痛みなく走っていると、ストレッチは欠かさず行っているそうです。

施術回数は人それぞれ、2,3回で良くなる子もいるし、2~3か月かかる方も。

1回ではちょっと疑問。 大人になると長くかかる。 しかし、治らないことはない。

痛めて放置してると、長母趾屈筋、短母趾屈筋など他の筋肉も痛んでくるため、

複雑になり治りにくくなる。

手根不安定症

「ゆるい、不安定だから痛い」というのは、おかしい。
ゆるく、不安定で痛くない人はなぜか?   説明がつかない。


20代 女性

ゴルフの練習をしてより手首の甲のあたりに痛み出現、徐々に強くなってきたと。
手を着いたり、鞄を持ってもズキッと鋭く痛むため、病院を受診。

レントゲン、MRI検査をしたが、特に異常なく、手根不安定症と診断された。
診察に通院するも、サポーター固定と鎮痛剤の処方のみと。

しばらく我慢していたが、ゴルフもできないと当院来院。
手関節部に腫れ、熱感なく、圧痛もはっきりせず、総指伸筋,長橈側手根伸筋部に圧痛あり。

              手根不安定.jpg
総指伸筋、長橈側手根伸筋が原因と説明しアキュ、マイオを使い施術。
初回の施術で、痛みは半減、3回目には日常生活での痛みはなくなった。

その後、ゴルフの練習。 沢山打つと少々痛むと、週1回を3回施術し痛みはなくなった。
やはり、筋肉の微細損傷による筋硬結である。 この方もゆるいのはもともと

何かが損傷してるから痛むのであって、関節がゆるい、不安定だから痛いと言うのはどうも納得いかない。
靭帯損傷なら腫れや、皮下出血、熱感などあるはず。TFCC損傷などもそうですが、まず筋肉のトラブル。

時々、女性で、関節がゆるく、手首を痛がる方がいますが、前腕の筋肉を施術すれば解決します。
もしかしたら、キーンベック病なんかも、筋の微細損傷を放置、酷使の末、起こるのかもしれませんね。






足首が痛い

長時間歩いたり、走ったり、歩行中に急に痛み出したり、運動してると痛くなって来たり。
痛み方は人それぞれですが、腫れ、熱感 等なければ、ほぼヒラメ筋、前脛骨筋、腓骨筋などのしわざ。

17才 男性  サッカー部
 長距離走行、練習が長くなると痛くなる。 痛みは増したり、減ったりしてると。
最近は常に違和感があると、他院でも治療したこともあるが、あまり変わらずとの事。 
足首.png
足首の内側、前面、外側と日によって痛む場所が変わる。
足首周囲には圧痛なし、ヒラメ筋部、腓骨筋部に圧痛著明。

ヒラメ筋、腓腹筋部をアキュスコープ、マイオパルスを使い、ほぐす様に施術とストレッチ。
3回の施術で症状はなくなった。

54歳 男性 
 動きだし、長時間の歩行、立ち仕事ですごく痛むと。
整形外科では変形してると言われ、足底板の作製、治療を行ったが、あまり変わらないと。

この方も足首周囲、内側、前面、外側に痛みあり、ヒラメ筋、腓骨筋、前脛骨筋に圧痛著明
15回程の施術で、痛みはほぼなくなり、階段、トラックの乗り降りも平気になった。

ヒラメ筋はなぜか、あらゆる場所に痛みを出してくる。 痛い場所と、悪い場所が違うからどうして
も迷うし、間違った治療をし、良くならないケースが多い。

「骨が変形しているから痛い」と言う思い込みは、ずいぶん否定されてきているが、まだまだ
変形=痛い と思ってる先生は多いです。 接骨院(柔道整復師)も同じく。

筋肉が痛みの原因と一般的になるのは何年先のことか...







アキレス腱炎

症例 16歳 女性

部活で走り込み、徐々に痛み出した。
3週間ほど我慢して走っていたが、歩くだけでも痛みだし整形外科を受診

湿布、消炎鎮痛剤を処方され、安静にしてとの指導を受けた。
2週間、走らないようにし、痛みが軽減したため走ると、また 同じように痛み出し当院来院。

アキレス腱部は、腫れ若干あり、熱感なし、ヒラメ筋、腓腹筋部に圧痛著明。
ヒラメ筋、腓腹筋をアキュスコープ、マイオパルスを使いほぐす様に施術とストレッチ。

当日で痛みは軽減、3回行いほぼ痛みはなくなり、走りも、問題なく行えるようなった。
その後、2回 週一で施術。 痛みなく終了となった。
                アキレス.png
アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎、はヒラメ筋、腓腹筋を施術してあげればなんら難しくない
10代、20代の方なら早く結果が出ます。年齢がたかくなると、時間がかかる。

ハムストリングが関係することもある。

熱感があればアイシング。 無ければ数回でほとんど良くなる。
アキレス腱部だけを治療してても、一向に良くならない。

テーピング、足底板と対症療法はいろいろあるが、なかなか痛みの解決には至らないのが現実です。
痛みの原因はやはり筋肉にあります。

腱炎

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ