• 患者様の声
  • 院長ブログ

赤松接骨院

愛知県名古屋市天白区
野並3丁目405
AMBER HOUSE 1F

■診療時間
【月~金】
 午前 9:00~12:00
 午後 3:00~9:00
【土】
 午前 9:00~12:00

■休診日
日曜日・祝日・土曜の午後

052-891-7181

アクセス

HOME > 院長ブログ > 4ページ目

院長ブログ 4ページ目

アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎は、あくまで病名

アキレス腱炎でも周囲炎でもどちらでもよい、あくまで、病院の請求のための名前
大事なのは、腫れ、熱感があるかどうかだろう。

腫れてると訴えはあるが、たいていは浮腫(むくみ)が多いように思う。
だから、動かして、ストレッチして、施術してやれは、引いてくる。

以外に治療してるが良くならないと来院は多い。

50才 男性
 マラソン中に痛み出し、徐々に症状悪化。
歩行時にも痛くなり病院受診 アキレス腱周囲炎と診断、「安静の指示」

2週間経過、歩行時痛は改善されたが、走るとまた痛み出し、病院へ。
「安静の指示」 これを、3回繰り返し、当院へ

アキレス腱部をつまむと痛い、浮腫み少々、熱感なし
腓腹筋内側頭部に圧痛著明。 その部位をマイオ、アキュで施術とストレッチ

8回行い、痛みなく走れるようになる。


腓腹筋.jpg

15才 男性
 短距離選手。  練習中に痛み出し、病院へ。 アキレス腱炎と診断される。
何件か廻ったが、症状不変。  大会も近くなり、焦りも強くなり当院へ。

やはり腓腹筋内側頭部に圧痛著明。 長母趾屈筋も少し怪しい。
この筋肉を6回施術し痛みなく走れるようになった。

圧痛部位は、よく探さないと見落としてしまう。 圧するとアキレス腱の方に響く感じが出る。
1㎝ずれると、違ってくる。  アキレス腱が痛いのも、筋肉からの関連痛だろう。

このへんは数をこなせば、すぐ解るようになってくる。 
アキレス腱炎、周囲炎で、良くならないと言うのは、治療ポイントが違うから。

何事も、100%とは言えないが、たいてい数回でよくなる。

アキレス腱部にあれこれしてても変化は思うように出ないだろう。




早期回復の模索

 常にどうすれば早く痛みが取れるか、回復するか、方法を模索する日々。
患者さんに教えてもらい、「こうすればもっといい」と引き出しを増やしている最中。 
 
だから、去年よりも、今年の方が結果は良い。 これが、引退するまで続くだろう。
基礎は、いろんな先生の論文、講演で知識を得て、それをどう使い、施術に役立てるか。
 
アキュスコープ、マイオパルスなどの機材も、あくまで道具、使い方しだいで結果は
大きく違ってくる。
 
でも、「ヘルニア、分離症、半月板断裂、変形、神経の圧迫」など構造に こだわる、思い込みが
強い方ほど、上手くいかない。
 

『 難治性疼痛 慢性の痛み 市民公開講座より 』
 
東京大学医学部付属病院22世紀医療センター特任教授 
福島県立医科大学医学部疼痛医学講座特任教授  松平 浩 先生

・患者さんに対しての、ファーストタッチコンタクトが、予後に大きく関係してくる。
・速やかに痛み感覚を制御し不安を抑制する。
・注射、薬、手術より運動の方がよくなる。
・原因究明にこだわる方ほど、予後が悪い。
 
東京慈恵医大教授 痛み脳科学センター長 加藤 総夫 先生

・痛みは本来、生存可能性を高める機能。痛みは常に主観的である。
・痛みは、脳を変え、脳は痛みを変える。 痛みの可塑性。
・痛みの脳内マトリックス
 
以上、難しくて、ついていけない部分、聞き漏らしも多々あったが、痛みに対しての、
恐怖不安の払拭。
画像検査がすべてでは無い事を解ってもらう、思考を変えてもらう事が大切なのだが、

これが、一番難しい...

野球肩、投球肩

投球、特に遠投、強く投げようとすると痛みで投げられない。
野球に限らず、ハンドボール、バレーボールなどでも同じですが、
強く腕を振れない方がいます。
 
いろんな病名はあるものの、やはり筋肉の施術(ほぐして、ストレッチ)でまず痛みなく、
投げられるようになる。
 

症例 40才 男性
 高校生の頃に痛めてより強く投げられなくなる。
「今までいろいろ病院も受診したが、変わらないと。」
 
草野球をしているのだが、思いっきり投げたいと、知人に聞き来院。
肩甲下筋部に圧痛あり、その筋をアキュ、マイオを使い施術。 
3回行い強く投げられるようになる。
 

症例 16才 男性
 塁間位なら投げられるが、遠投、強く投げれないと。
肩甲下筋、肩甲挙筋、小、大胸筋部に圧痛ありその筋肉を施術 5回行い痛まなくなった。
 

症例 15才 女性
 バレーボールで、強くアタックするとすごく痛むと。
肩甲下筋、小、大胸筋部に圧痛あり、その筋肉を施術 3回行い痛まなくなった。
 

   
             ( 肩甲下筋 )
 肩甲下筋1.png     全身 - コピー (3) - コピー - コピー.png

肩甲下筋は肩甲骨と体幹の間にあり、触りにくいが、施術の結果が出やすいように思う。
 
 たいてい数回で改善するが、反応が薄ければ他に何かあり、その筋を探す。
それで、まず解決する。  腫れ、熱感、発赤もないのに安静にしていても変わらない。
 
安静、インナーマッスルの筋トレでは、痛みを繰り返す事がほとんど。
  痛みが無くなってから筋トレです。 順番が違うと思います。

関節唇、靭帯、腱板、いろいろ言われて来院する方もいるが、構造が痛みを出し
続けるとは思えない。 痛みの生理学では説明がつかないのにと思いつつ施術してる。
 
痛みが無くなれば、「治った」ってみんな喜んでもらえるし、後に支障が出たこともない。
痛みを投球フォームのせいにする人もいるが、疑問でしょうがない。
 
プロ野球を観ても、みんなフォームは違うと思うけど、まあ、フォームは監督、
コーチにお任せして、痛みを早く取ってあげる事が第一。




外脛骨の痛みは取れますよ‼

ほとんどの子は何件も整形外科、接骨院を渡り歩いての来院。
 
中には、△△チーム、〇〇チーム とプロ、実業団のチームドクターの先生の所に通院
していた子もいた。
 
何をしていたか興味があったが、結局は安静、スポーツ禁止、足底板、電気治療と、
どこでも同じようだ。 それで良くなった子はいいが、痛みの変わらない子がいる。
「どうしたらいいの?」と...
 
「この際、片っ端から廻ろうと思っていました」という、お母さん。
「子供のためなら、遠くても来ます」という、お母さん。 思いはいろいろ。
  
はじめは、半信半疑だろうけども、施術を行うと、

「今まで、安静、通院してたの何だったの?」 が、たいていの方の感想。
 
症例1  15才 女性  陸上部
 走ると痛みが出るため整形へ、足底板作製、安静にするも、走るとまた痛くなる。
何度も安静にし、痛みがおさまったら走る。 また痛くなるの繰り返し。
 
3件整形外科を廻ったが同じと、何とか治したいと来院。
後脛骨筋部、腓腹筋内側頭部、前脛骨筋、半腱、半膜様筋部に圧痛あり、
そこをアキュスコープで施術。  5回行い痛みなく走れるようになった。
 

症例2  13才 男性 テニス部
 捻挫を機に痛み出す。 病院受診し足底板を作製するも痛みは変わらず来院。
後脛骨筋部、腓腹筋内側頭部に圧痛あり、アキュスコープで施術。
2回行い痛みなくテニスが出来るようなる。
 

症例3  11才 女性 バスケットボール部
 走ると痛みが出るため、整形へ、安静、足底板、リハビリ。
しかし、走ると痛い。 4件廻って当院へ。
 
後脛骨筋部、腓腹筋内側頭部に圧痛あり、アキュスコープで施術。
3回行い、バスケ復帰。 練習後半に少し痛み出す。
 
もう2回行い痛みは出なくなり、出たい大会にも間に合った。
 

症例4  13才 女性 バスケットボール部
 人の足を踏み軽く捻じってより痛み出す。 受傷同日に来院。
後脛骨筋部、腓腹筋内側頭部、腓骨筋に圧痛あり、アキュスコープで施術。
 
翌日、普通にバスケが出来た。 痛みもないと、後日確認。
 
最終確認できていない子も何人かいるが、おそらくいいと思う。
ほとんど同じような筋肉が原因で、外脛骨部に痛みを訴える。
 
痛み出してからの、時間経過で、治りも変わってくる。
また、良くなってからでも、ストレッチは続けないと、再発もありえます。

毎日、動いて使っているんだから、使った筋肉は伸ばしておく事が大切

外脛骨が痛みの元だと思っていると、なかなか良くならない。
発想の転換が必要。 20代、30代でも同じです。

痛めてからの期間が長いと、 施術回数は、もうちょっとかかるだろうけど。


有痛性外脛骨だから痛いの?
外脛骨障害

半月板損傷、断裂って何?

円板状でも、普通の半月板断裂、損傷でも、痛みとは別。 
分けて考えてください。  でも、ここが理解されにくい所。

痛いから、病院等の医療機関を訪れる訳でしょう?
 
痛くないのに、「半月板が心配で」と検査する人なんていないと思うけど。
 
そして、検査して「損傷、断裂、異常なし」などと言われる。
「損傷、断裂が原因でしょう」と言いながら、注射、リハビリ、安静、固定はどうして?
 
注射、安静、固定、リハビリしても、半月板の損傷、断裂は元には戻らない、治癒力はない。
なんだか言っている事と、やっている事に矛盾を感じるのは私だけ?
 
痛みが少なければ、「痛み止めと湿布で様子を見ましょう」とか「手術するほどではない」とか。
 損傷がどうであれ、痛みが強いと手術に踏み切る。

じゃ、半月板の損傷、断裂は何? いいの、悪いの? どれだけの意味があるの?
 
「骨が折れているから」、なら固定なり、手術なり、癒合させる処置をとるのが通常。
半月板は様子みなの?  
 
「手術をして良くなる人もいる」「手術をしたが良くならない人もいる」「手術をしなくても
良くなる人もいる」、半月板って何なんでしょうね?
 
結局は、痛みが無くなれば 「よし」 と言う事?
だったら、早く痛みをとり、断裂、損傷した半月板はどうするか、後からでもゆっくり考えたら
いいのでは?  痛いから困っている訳だし。
 
半月板損傷、断裂だから痛いというのは、つじつまが合わないです。
「半月板が痛みの原因」 と言う 思い込み ではないでしょうか?

現に半月板断裂があっても、痛みなく、障害なく、スポーツをしている人はいますよ。

痛みがなければ、断裂、損傷があっても、何ら支障はないようです。

半月板断裂だから痛いのか?

構造が痛みの原因なの?

軟骨が悪いとか、骨が痛いとか、形がどうとか、そうも事を難しくしなくても、
侵害受容性疼痛。 

ちょっとした力が加わって筋肉が微細損傷を起こす、筋肉が伸びながら収縮(伸長性収縮)
する時が多いようだが、いわゆる筋肉痛のようなものが始まり。
 
そこに、心理、環境、気温などが作用して痛みが強くなったり、繰り返したり。
さらに、「神経が圧迫されているから」「軟骨がつぶれているから」「半月板が割れているから」

「椎間板がつぶれているから」「姿勢が悪いから、ズレてるから」と言われ、不安、そう思い込んで
しまう事で痛みが続いてしまう。
 
思い込みが強い人ほど痛みは続き、痛みが広がっていくように思う。
 
筋肉が痛みの発信源で、脳の誤認、思い込みだから、どんな方法でも良くなる可能性はあるし、
良くならない事もある。
 
「思い込み」がなければ、あっさり良くなることがほとんど。
思い込みがあると、それをときはなす事に時間を要す事が多いように思うし、
私には無理な人もいます。
 
「神経が圧迫されているから」「軟骨がつぶれているから」「半月板が割れているから」
「椎間板がつぶれているから」「姿勢が悪いから、ズレてるから」と構造が痛いと思っているの
なら、構造の破綻があっても痛くない人はどうしてか?
 
 運動、リハビリして良くなるのはなぜか? 手術しないで良くなるのはなぜか? 
手術して良くならないのはなぜか?固定してもまだ痛いのはなぜか? ちょっと考えてほしい。
 
難しく専門的に考えなくてもよい、何が原因なら、つじつまが合うのか?
 
「常識、昔からそう言われている。」「教科書にそう書いてある。」「〇〇先生がそう言っている
から」そんな事が治りの邪魔をしているのかと、つくづく最近、思うところです。





ぎっくり腰は何が原因?

腰が痛いから腰ばかりに目が行くが、腰周囲が原因のことが多い。
要は筋肉の痙攣なのだが、それがどこで起きているのかは押さえて探す。



全身 - コピー (2).png38歳 男性 

かがんだ際に急に痛みが走り、まっすぐ立てなくなる。
中殿筋、大腿二頭筋部に圧痛著明。 その筋を施術。

1回で、痛みなく動けるようなる。

腰痛が初めての場合、1,2回でたいていよくなる。



 
 
 



全身 - コピー (4).png全身 - コピー (3).png59歳 女性

人を起こした際にギクッとなり、まっすぐ立てなくなる。
中殿筋、半腱様筋、腹直筋部に圧痛あり、施術。

1回で7割削減、3回行い、良くなった。
以前より、時々腰痛はあったとの事、ストレッチを指導し終了











全身 - コピー (5).png全身 - コピー (4) - コピー.png60歳 男性

かがんだ際にズキッと痛みが走り動けなくなった。
今まで何度も患っており、年に1回あり、その都度、
1週間前後寝込んでいたと。

以前は整形外科を受診していたが、安静と、湿布と
消炎鎮痛剤をもらうだけだと、最近は行っていないとの事。


今回、なかなか良くならないと来院
中殿筋、腹直筋、腸腰筋、半腱様筋部に圧痛あり、これらを施術。

日に日に良くなり、1週間ほどで普通に動けるようになる。
その後も固くなった筋をほぐして、ストレッチ。
 
数年ぶりに来院、あれ以来ぎっくり腰は無いとのこと。

以前は、腰ばかりに気をとられ、なかなか良くならないことも経験した。
しかし、腰周囲の圧痛を施術することで、短期間で良くなる様になった。

関連痛を理解すれば見方が変わる。
どこが悪いか、痛みのセンサーからの情報を脳が誤認していると言う事だ。









     

立ってると腰が痛くなる。

立ってると腰が痛くなる。
動いていればよいのだが、立ちっぱなしで痛くて立っていられなくなる。
 
こんな症状にちょくちょく出くわす。
どうしても腰が痛いから腰ばかりに目が行きがちだが、視点を変えれば良くなる。
 
32歳 男性
 飲食店で、長時間立ちっぱなし、痛くて立っていられなくなる。 中腰もすぐ痛くなる。
腰に圧痛なく、押さえると気持ちいい。
 
中殿筋部、半腱、半膜様筋部、腹直筋部に圧痛著明
これらの筋を8回ほど施術、痛みなく立っていられるようになった。

施術回数は人それぞれだから何とも言えないが、半腱、半膜様筋(ハムストリング)が原因のことが
非常に多い。


       全身 - コピー.png
ほかにも、腸腰筋、なども絡んでくる事が多い。

よく、「骨格の矯正が根本治療」なんて言う書き込みをよく目にするが、ほんとによくなってんのかな~。
疑問でしょうがない。 骨格の歪みが、痛みにつながる根拠なんてないのでは?
 そう思っているだけ? 勝手に作ったの?

何をやっても、多少は緩和されるだろうが、また すぐ痛くなるのがおちのような気がする、
そういう方を何人も見たから、よけいそう思います。

ヘルニア、狭窄症、変形性などの病名もそうだが、痛みを出すのは筋肉と脳の関係だと基礎研究、生理学で
分かって来つつあることなのに...。 





打撲、捻挫でなぜ痛みが長引くの?

痛いとは、どう言う事?  何が痛みを生み、長引かせるの?
「ぶつけた、捻じった」、だから痛いは、分かりやすい。 危険を知らせるシステム

でも、問題なのは、打撲した、捻挫した、その後、なかなか痛みが引かない時や、
繰り返し同じ動作、同一姿勢、トレーニングし痛みが引かない時だろう。



 〔 痛みの定義  〕  国際疼痛学会  1986年
   「 不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷が
あるように表現されるものがある。 」     
となっている。

                    
「 そのような損傷があるように表現されるもの 」 がややこしい。


一回の大きな外力  ( 転倒、むち打ち、打撲、捻挫など )
繰り返しの外力 ( 生活習慣、仕事、スポーツなど )

外カ によって組織損傷を伴ったもの 〔 骨折、靭帯、筋、腱断裂 〕 は修復させるため固定や
手術の処置でよいだろうが、組織損傷があるように表現されるものは、痛みを早く取り、
動かすほうが、予後は良い。

微細な損傷も、痛みを早く取り、動ける範囲で動かしたほうが、治りは良い。
損傷も自然に修復される。 

 
そもそも、痛みは電気信号、発電のエネルギーは外力。
 神経は、痛み電気信号の通り道で、圧迫しても痛み、電気を発電しない。
神経が切れれば、痛みでなく、麻痺が生じる。

大、小 様々な損傷直後は、特異的侵害受容器の発電による早い痛み(チカッ、ズキッとか
瞬間の痛さ)、その後 
筋、筋膜にある知覚神経の末端部、ポリモーダル受容器
(痛みのセンサー)で発電され、電線にあたる神経を伝わり脊髄、脳へ(ズーン、ジーンとした痛さ) 
 
脳 は電気信号を受信して痛みとして認知し、自律神経系やホルモン系を介して反応する。
また、脊髄反射で筋肉を緊張させたりする。 それが次の痛みを生み、長引かせる。
簡単に言うと、こういう事。
 
変形してるから、神経を圧迫してるから、ズレてるから、靭帯、軟骨が傷ついているから
まだ痛みが続いてる、長引いてると言う説明は、矛盾だらけなのだが...そう思ってる人は多い。

動かせるものは、動ける範囲で、動かす。 長引いてるものは、原因の筋肉を治療、施術すれば
早く解決する。

でも、これを理解している医療関係者、施術者が少ないのも事実。
一般の方には基礎知識がないと理解するにはちょっと難しい。



  横田敏勝 著 「臨床医のための痛みのメカニズム」
  ○ 自由終末と脊髄を継ぐ部分からインパルスが発生することはめったにない。
   正常な脊髄神経根の圧迫は痛みを生じない。


  ○ 異所性興奮を生じる可能性が高いのは、脱髄部および障害された末梢神経の側芽と神経腫である。

  熊澤孝朗 著 「痛みを知る」
  ○ 神経線維は通常、その末端にある受容器から信号を伝えるものであって、その途中が興奮を
   起こしたりするようなことはありません。


     ○ 筋肉が痛みに大きく影響する

外脛骨障害、有痛性外脛骨、病名はどっちでもいい

外脛骨障害と言われたり、有痛性外脛骨と言われたり。   どちらでも施術に大差はない。
初めは、一つの筋肉がきっかけだが、時間経過で、複雑になり、治りも悪くなる
 
問題の筋肉を施術して、自分でも、ストレッチすれば、数回あれば、たいてい良くなる。
何か月も運動中止、痛いなんて、「何やってんだろう」と思う。

症例 11歳 女性
 クラッシックバレーをしており、つま先立ちが多くなり痛み出した。
整形外科を受診、湿布と安静。 ストレッチを指示された。

その後、痛みは強くなり、歩くだけでも痛むようになり、他の整形外科へ行くも、
結果は同じ、湿布と安静の指示と。 登下校も送り迎えが必要になり、当院へ。


         外頸骨.png
    
両外脛骨部は少し触っても痛い。 やや赤く、腫れなし、熱感なし。
両腸腰筋、半健、半膜様筋、前脛骨筋、後脛骨筋、母趾外転筋部に圧痛あり

それらの筋を、一つづつアキュ、マイオを使い施術し症状消失した。
そけい部は、1年前より足を上げると痛みあり、病院で、異常なし、湿布処置のみと

その後、大腿後面のツッパリ感も常に出はじめ、痛いまま練習していたとの事。 
これが、きっかけで、痛みが広がったのかと思われます。


症例 34歳 女性
 子供の頃にも痛かったが、運動をやめ、湿布で乗り越えたと。 
立ち仕事をするようになり痛み出した。 病院受診するも、湿布と消炎鎮痛剤で様子見てと。
一向に改善しないため、来院。
 
右外脛骨部に疼痛、圧痛あり、後脛骨筋、半健様筋、半膜様筋部、ソケイ部に圧痛あり、
それらの筋を施術し症状消失した。  



施術効果をみながら進めるため、1、2回でよくなるとは言いきれない。
しかし、痛みは無くなる。 それにどれだけの回数を要するかは、はっきり解らない。

足底板も一つの方法ではあるが、痛みの軽減は得られても、消失は難しい。
「成長が止まれば痛みもなくなる」、なんて言う医療関係者もいるが、 20代、30代で痛い人は何?

解らないとすぐ炎症。 偏平足だから。 炎症が何か月、何年も続かないでしょう?
慢性の炎症性疾患は強直性脊椎炎、リウマチが代表的だが、リウマチとでも言うのか?

扁平でも痛くない人もいるでしょ?
 疑問だらけです。

でも、なぜ多くの筋が傷んでいて、外脛骨部が痛いのか不思議ですが、
関連痛、脳の識別性の問題だと思われます。




有痛性外脛骨だから痛いの?
外脛骨障害
 








<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ