HOME > 院長ブログ > 肘痛 > テニス肘

院長ブログ

< 関節唇損傷  |  一覧へ戻る  |  シーバー病( 踵が痛い ) >

テニス肘

外顆炎、テニス肘なんて言われ、治りにくいのが当たり前だと思われている。
表現はいろいろだが、要は筋肉の纐纈、痙縮、こわばり、こりみたいなもの。
 だから、練習を特に休む必要はないだろう。
  
14歳 男性 硬式テニス
 2年前に痛くなり、整形へ。 2か月テニス禁止し良くなった。
しかし以後、時折痛くなったが、自制内のため放置。

今回、すごく痛くなり当院へ。
前腕、上腕の屈筋、伸筋、母指球筋、肩甲挙筋の圧痛部を施術。
5回行い痛みゼロとなる。肘の伸展制限( 3°)もなくなった。
 
40歳 女性 硬式テニス
 1年ほど前より痛くなりN接骨院へ、姿勢、骨盤のズレが原因だと矯正を何度か受ける。
多少良くなったが、まだまだ痛いため当院へ。

 前腕、上腕の屈筋、伸筋、母指球筋、肩甲挙筋の圧痛部を施術。
3回施術し、痛みは無くなった。
 
55歳 男性 硬式テニス
 何年も前より痛いとの事、前腕、上腕の屈筋、伸筋、母指球筋、肩甲挙筋の圧痛部を施術。
痛みは自制内となる。 テニスをしていると少し痛むがいい調子と。

「もう何年も前から」と、この「年齢」になるとなかなか「痛みゼロ」は時間がかかる。
大体、自制内の痛みなら通院をやめる患者さんも多い。

 どうにも痛いとまた来院。
 
前腕の伸筋(腕橈骨筋)が主たる原因だと思われがちだが、もっと広い範囲、
肩甲骨まわり、握る筋肉を施術してやると、結果が速い。
 
 それにしても、すぐに姿勢、骨盤矯正しようとする接骨院はいったい何?
それでよくなるとでも思っているのだろうか?

 商売も大事だけど、同じ接骨院として悲しい。


カテゴリ:

< 関節唇損傷  |  一覧へ戻る  |  シーバー病( 踵が痛い ) >

同じカテゴリの記事

野球肘

13歳 男性
 2週前より投球で痛くなってきた.
2年前にも投球で痛くなりA整形外科受診 レントゲン、MRI検査、野球肘と言われ
2か月安静 投球禁止

1年前にもまた痛くなりA整形外科受診 レントゲン、MRI検査、軟骨が少し剥がれている、
野球肘と言われ、また3か月安静 投球禁止と。

投球フォームのチェック、リハビリを行い、少しずつ投げる球数を増やしていったそうだが、
今回また痛くなり、同じことの繰り返しで、ちょっと嫌になり当院へ。
 
右肘 伸展-3° 健側 左は+3° 伸展制限あり。
腫れ、熱感なく、投球で肘の内側が痛い。

尺側手根屈筋、尺側手根伸筋、肘筋、肩甲挙筋、棘下筋、小円筋、大胸筋に圧痛あり、
これらの筋肉をアキュ、マイオパルスを使いほぐす。

痛みの出ない範囲で投げるように指導
7回ほど行い投球時の痛みはなく、伸展制限もなくなった。 

 3か月安静、投球禁止した後も、痛くはないが、すっきりしない、違和感はずっとあったそうだ。
A整形もスポーツを得意とする所らしいが、結局は画像検査して安静。

「A整形に行っていました」とよく聞くけど、それだけ患者さんも多いんだろうが...

要は、「筋肉のこわばり、痙縮」が痛みの原因だから、安静にしても完治はしない。

短縮した筋肉に引っ張られ続けるから軟骨、骨の形が変化してくる
むしろ、適度に運動させたほうが良くなる。


11歳 男性
 1か月ほど前より投球で肘の内側に痛みがあり、力いっぱい投げれないと、知人に聞き当院へ、
痛くなったのは今回初めて、数か月前より、ピッチャーを始めたとの事。

尺側手根屈筋、尺側手根伸筋、肘筋、肩甲挙筋、棘下筋に圧痛あり、これらの筋肉をアキュ、
マイオパルスを使い施術、2回行い、投球時の痛みはなくなった。
 
1,2回で良くなる子、10回くらいかかる子と、いろいろだが、やはり痛めてから早く施術したほうが
結果も早い。

 よく投球フォームがどうの、こうのという病院、接骨院、治療院があるが、痛いから、違和感が
あるからフォームがおかしくなるんじゃないの? まずは痛みを取ってからの話だと思うのだが...

メジャーリーグなんか見ると、いろんな投げ方をしてるように思うけど。


投球で肘が痛い

17才 女性 ソフトボール部
 
 ソフトボールの練習で、ボールを投げると痛みがあると来院
以前も同じ場所が痛み、他院へ通院してた。

その際は、肘頭窩と肘頭がぶつかり炎症を起こしていると言われ、3か月ほど通院したとの事
患部に腫れ、熱感なし。 以前も腫れは無かったと。

上腕三頭筋に圧痛あり、その筋肉を施術。
3回で痛みは取れ、ボールも投げれるようになった。

  上腕三頭筋.pngimage030.jpg

後からだと、何とでも言えるが、おそらく以前の痛みもこれだと思われる。

14才 男性 硬式野球部

 ボールを投げると肘頭周囲に痛みあり、思い切り投げれないため整形外科を受診。
レントゲン検査で異常なし、しばらく安静と湿布をもらったと。

2週間後、ボールを投げるとまだ痛むため受診するも、また、もうしばらく安静と指示される。
早く復帰したいと当院来院。

腫れ、熱感なく、完全伸展にて少々痛みあり、上腕三頭筋に圧痛著明
この筋肉を施術、2週間で思いきり投げれるようになった。

お母さん、「どうしてもレントゲン撮らなきゃって思っちゃうのよね~」
私、「レントゲンが必要なら紹介しますから」

ほとんどの方が、痛くなったらレントゲンと思われるようです。
不安を払拭するためですが、骨に異常があるか、ないかは話を聞いて、みて、触ってで大体検討はつくものです。









テニス肘 (外顆炎) 

23才 女性

寒い中、テニスをやり負傷 。徐々に痛みは強くなってきたと。
総指伸筋、回外筋部に圧痛あり、その筋をアキュ、マイオを使い施術
5回行い、テニス中、テニス後も痛まなくなった。


回外筋.jpg

腫脹・疼痛・発赤・熱感を炎症の4徴候といいまが、テニス肘にこれらの症状がありますか?

あるのはほとんど「疼痛」痛みだけです。 つまり炎症ではないと思いませんか。

テニス肘 = 外顆炎と言いますが、炎と着くからみんな迷う。 炎症だと...

長くなってる方では、何か月も痛みが続いてる方もみえますが、安静だけでは良くなり切らず、

運動するとまた痛む、を繰り返します。

夜間、うずいて寝れないと言われる方もみえます。 筋肉が痙攣(スパズム)しているのです。
 
筋肉をほぐして、ストレッチが大切です。

早期治療が早期回復につながります。 放置してると治りにくくなるものです。




このページのトップへ