HOME > 院長ブログ > 肩部痛 > 関節唇損傷

院長ブログ

< インピンジメント  |  一覧へ戻る  |  テニス肘 >

関節唇損傷

関節唇損傷、関節を構成している軟骨だが、肩、股関節で言われる病名
しかし、関節唇が本当に痛みの原因となるのか、MRIでたまたま見つかっただけでは?
 
30歳 男性 野球(ピッチャー)

18歳の時、肩を痛め整形へ、MRIにて関節唇損傷と診断される。
治すには手術しかないと言われた、しかし最後の大会も近いため手術はせず、

医師には「手術しろ」と何度も言われながら注射をし、痛みを我慢して試合に
出たとの事。
 
大学でもピッチャーをしていたが、その当時はわりと調子よかったとの事だ。
そこで本人も、「ほんとに関節唇が原因だったのか」と疑問を持っていたそうだ。
 
30歳になり草野球を始める、もちろんピッチャー
しかし、じわじわ痛みだし、投げれなくなり当院へ。
 
大胸筋、棘下筋、三角筋、上腕二頭筋、三頭筋、前腕の屈筋、伸筋部の圧痛部位を
アキュ、マイオを使い施術。 可動域、痛みは改善
 
少しずつ投球もしながら施術も継続、6回ほど行い10割の力で投げても痛みは出なくなった。
痛みもないし、すごく調子がいい、動きがスムーズだと。
 
MRIの結果、関節唇に異常はあるのは事実だろう。
しかし、それが痛みの原因ではないと思います。

最近、スポーツを売りにしている整形外科が多いせいか、関節唇損傷、
インピンジメントなどと診断される患者さんを良く見かける。

カテゴリ:

< インピンジメント  |  一覧へ戻る  |  テニス肘 >

同じカテゴリの記事

野球肩、投球肩

投球、特に遠投、強く投げようとすると痛みで投げられない。
野球に限らず、ハンドボール、バレーボールなどでも同じですが、
強く腕を振れない方がいます。
 
いろんな病名はあるものの、やはり筋肉の施術(ほぐして、ストレッチ)でまず痛みなく、
投げられるようになる。
 

症例 40才 男性
 高校生の頃に痛めてより強く投げられなくなる。
「今までいろいろ病院も受診したが、変わらないと。」
 
草野球をしているのだが、思いっきり投げたいと、知人に聞き来院。
肩甲下筋部に圧痛あり、その筋をアキュ、マイオを使い施術。 
3回行い強く投げられるようになる。
 

症例 16才 男性
 塁間位なら投げられるが、遠投、強く投げれないと。
肩甲下筋、肩甲挙筋、小、大胸筋部に圧痛ありその筋肉を施術 5回行い痛まなくなった。
 

症例 15才 女性
 バレーボールで、強くアタックするとすごく痛むと。
肩甲下筋、小、大胸筋部に圧痛あり、その筋肉を施術 3回行い痛まなくなった。
 

   
             ( 肩甲下筋 )
 肩甲下筋1.png     全身 - コピー (3) - コピー - コピー.png

肩甲下筋は肩甲骨と体幹の間にあり、触りにくいが、施術の結果が出やすいように思う。
 
 たいてい数回で改善するが、反応が薄ければ他に何かあり、その筋を探す。
それで、まず解決する。  腫れ、熱感、発赤もないのに安静にしていても変わらない。
 
安静、インナーマッスルの筋トレでは、痛みを繰り返す事がほとんど。
  痛みが無くなってから筋トレです。 順番が違うと思います。

関節唇、靭帯、腱板、いろいろ言われて来院する方もいるが、構造が痛みを出し
続けるとは思えない。 痛みの生理学では説明がつかないのにと思いつつ施術してる。
 
痛みが無くなれば、「治った」ってみんな喜んでもらえるし、後に支障が出たこともない。
痛みを投球フォームのせいにする人もいるが、疑問でしょうがない。
 
プロ野球を観ても、みんなフォームは違うと思うけど、まあ、フォームは監督、
コーチにお任せして、痛みを早く取ってあげる事が第一。




四十肩、五十肩、六十肩

62才 女性
ジャガイモを沢山、切ってより徐々に痛み出した。そのうち治ると思っていたが、よくならず整形外科へ、
六十肩と言われ。1ヶ月程通院したが、よくならず、当院へ。
手を挙げたり、後ろに回したりできず、痛くて、さっと動かせない。

圧痛部を探すと、大胸筋部にあり、アキュ、マイオを使い施術、1ヶ月程で、なんでも出来、痛まなくなった。
           大胸筋2.jpg
46才 女性
バレーボールの練習で、普段やらないアタックを何本も打ち徐々に疼痛出現
3日間様子を見ていたが、痛くて手が挙がらないし、車の運転も出来ず、洗濯物も干せないと。
 
知人に四十肩じゃないのと言われたそうです。 大胸筋に圧痛あり施術。 1週間で症状はなくなった。

四十肩、五十肩と、肩周辺が痛むと、ほとんどこんな事を言われる。
ではいったい何が原因なのか?  何が痛みの発信源なのか?

答えは、あいまいな事を言われて、ごまかされる事がほとんどだと思いますが・・・医師や治療に携わる者がそれでは困りものです。

腱板断裂が原因と言われることもあるが、「無症状の肩においても、50歳台では4人に1人、65歳以上ではほぽ半数と高頻度にいわゆる変性断裂が存在する」と言うデータもあります。

首や肩の症状には胸部の筋の影響が大きいですが、治療は軽視されています。
腕や肘、手の方まで痛みや、シビレを放散することもあります。大胸筋が緊張すると肩が前に引っ張られ、背中が丸くなり、よく言う猫背となります。


 

 







肩関節痛

  14歳  男性

ピッチング練習を行い徐々に痛み出した。
以後、日常生活には支障ないもののピッチングするとすぐ痛くなる。

他の接骨院へ何度か通院するも症状変わらず、当院へ来院
肩周囲に圧痛なく、上腕骨の内、外旋、肩の最大挙上にて痛みがある。

肩甲下筋の損傷( 痙攣 )と思われ、アキュ、マイオを用い施術
結果はすぐに表れ、当日で挙上は痛みなく出来るようなった。

その後、ピッチング以外の練習は続け2週間施術しピッチングも痛みなく出来るようなった。
右肩1.png
肩甲下筋は肩甲骨の裏にあるため触診しにくく、解りにくい事がある。
よく四十肩、五十肩と呼ばれる物の多くも、この筋が関係していることが多です。


このページのトップへ